読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

notitie

日々感じたことをメモ書き

佐藤ねじさんの「超ノート術」がとても勉強になった【読書メモ】

「超ノート術」を読む目的は blog.notitie.me 前回の記事にも書いたが、面白いアイデアを生み出す行為は難しく、短時間ですぐに出せるものではないということを実感したので、アイデアマンとして名を馳せている佐藤ねじさんの書いた「超ノート術」を読んで参…

「アイデアのつくり方」を読んでみた【読書メモ】

読む目的 アイデアを作る方法を知りたかった。これに尽きる。今週5日間、研修でアイデアの発想力を高めるワークをやったのだがこれが結構きつかった。自分の中で試行錯誤しながらアイデア出しを行ったけれど、とにかくアイデアを生み出すという行為は忍耐強…

【読書メモ】「入社1年目の教科書」を読んでみた

本書で紹介されている50の指針から個人的に参考になった内容だけをまとめた。 この本を読む目的 新卒入社して約3週間が過ぎた。初めてのことばかりだから1日1日が濃密で、爆速で時が進んでいる感じがする。そんな中で日々思うのは、「仕事ができるようになり…

【読書メモ】「7日間でマスターする配色基礎講座」を読んでみた

1. この本を読む目的 7日間でマスターする配色基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES) 作者: 内田広由紀 出版社/メーカー: 視覚デザイン研究所 発売日: 2000/04/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 21人 クリック: 381回 この商品を含むブログ (18件) を…

【読書メモ】「反応しない練習」を読んでみた

はじめに だいぶ前に購入して一度読んだが、久しぶりに読み返すとなるほど〜と感じる部分が多かったので改めて読み直し、ブログにまとめてみることにした。最近は通勤の約20分ぐらいでKindle読書をしているのだが、これぐらいの本であれば2日もあれば読めて…

【読書メモ】「デザイン入門教室」を読んでみた

読む目的 デザイン入門教室[特別講義] (Design&IDEA) 作者: 坂本伸二 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2015/07/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る デザインの基礎知識を頭に叩き込むため。読みながら気になった部分だけを取…

100均セリアの「リメイクシート」でキッチンをおしゃれにDIYする方法

引越しして、初めての一人暮らしになると自分の部屋をおしゃれにカスタマイズしたくなるもの。そこで今回は100均セリアで販売しているリメイクシートを購入して、キッチン周りをおしゃれにDIYしてみた。シールを貼るのに少し苦労したけれど、やり方は至って…

【読書メモ】学びとは何かについて考えてみる

今日こんなツイートを目にした。 新しい技術が開発されたり価値観がどんどん変化する現代では、つねに何らかの形で学びを続けなければいけないのは残念だけどもう必然。そこで、「勉強法を勉強する」ことを強く勧めたい。自分にあった勉強法さえ確立しておけ…

【UI】Twitterのログイン画面をトレースして気がついたこと

東京で家探しをする人にはOTOGI不動産を全力でおすすめしたい

先日ようやく自分がお気に入りだと思える物件に出会えて住み始めることとなった。初めは、4月から社会人になり東京に引っ越さなければならなかったのでどこか頼りになりそうな不動産を探していたのだけれど、3月ということもありどこの不動産も忙しそうで不…

【高知】創業60年以上の美味くて安い居酒屋「葉牡丹」がオススメ

免許合宿が終わり、せっかく高知に来たので市内で遊ぼう!ということで一泊二日してきた。今回は夕食に創業60年以上の料理が美味くて安い居酒屋『葉牡丹(はぼたん)』に行ってきたのですが、本当におすすめしたいのでブログにまとめようと思います。

高知市内で人気のおすすめラーメン店「製麺処 蔵木」に行ってきた

無事に18日間の免許合宿を終え、関西に帰る前に高知市内で1泊2日だけ遊んできた。今回は食べログでも高評価の人気ラーメン店「 製麺処 蔵木」に行ってきたので、まとめを書いてみた。

【高知】ギネス認定された「世界一長い102mの雲梯」で遊んでみた

いま、免許合宿で高知県香南市野市町というところに来ている。毎週月曜日は休みなので、せっかく高知まで来たので観光がてらにどこか面白い場所はないかな〜と探していたら「世界一長い雲梯」が徒歩圏内にあることを知ったので行ってみた。 今回はそれについ…

Instagramと料理動画(レシピ動画)の相性が良すぎるのでおすすめしたい

2017年にやりたい5つのことを書いてみた

2017年になったので僕も周りに便乗して「2017年にやりたいこと」を書いてみる。

【読書メモ】「もの、好き。衣食住をセンスよく楽しむ心得」を読んだ

気になった、これは良いなあと思った部分だけをメモした。 もの、好き。 衣食住をセンスよく楽しむ心得 作者: 裏地桂子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/05/02 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

神戸に外国人旅行者が来ているのを見かけると嬉しくなる、というお話

先日、以下のようなツイートをした。

【読書メモ】デザインの手がかりを読んでみた

本を読んで参考になった部分だけをメモしてみた。ちなみにこの著者は 旅雑誌として有名な「TRANSIT | トランジット」のアートディレクションを手掛けたデザイナー。 デザインの手がかり-発想のヒントがここにある

Instagram(インスタグラム)のストーリー機能がおもしろい

約二ヶ月ぶりのブログ記事更新。今日を機にまたブログを書いていこうと思います。

アムステルダム好きの僕が「おすすめ観光スポット5選」を紹介する

アムステルダムに過去3回訪れた僕が、アムステルダム観光をする際にぜひとも訪れてほしい場所をまとめました。

【旅行記】ポルトガル一人旅を写真30枚と動画で振り返ってみた

3週間のポルトガル旅(リスボン、ポルト、コインブラ、ペニシェ)の思い出を写真と動画で振り返りました。

SlideShare(スライドシェア)が情報収集におすすめなので紹介します

新しい分野に対する知識を深めたい人に、SlideShare(スライドシェア)を使って情報収集することをおすすめしたいです。

【オランダ旅行記】アムステルダムの魅力を写真40枚で振り返ってみた

ぼくは今までオランダのアムステルダムに過去3回ほど訪れました。今までのアムステルダム旅行を写真で振り返ってみたいと思います。

ブログ50記事を書いてみて感じた5つのこと

2016年の3月からブログを開始して、今回の投稿で50記事になりました。なんとなく区切りが良いので現段階で感じることをまとめることにします。

【おすすめ本】コピーライティングの基礎が分かる「12の伝わるメソッド」まとめ

本書には20の伝わるメソッドが書かれていますが、その中でも自分にとってメモしておきたい12のメソッドだけを厳選してまとめました。

旅好きの僕が海外旅行で役立つ「12個のおすすめアプリ」を厳選してみた

これまで20ヶ国を旅した経験から実際に利用してみて良かったと思う、海外旅行に役立つおすすめアプリ12個を紹介します。

海外のデザイン動向をいち早く情報収集したい人は「Muzli」を利用しよう

最近「Muzli」を利用し始めたのですが、海外のデザイン情報を収集するのにとても効率的で良いと感じているので、まだ知らない人のためにも紹介しようと思います。もちろん全て英文記事ですが、毎朝「Muzli」で気になるニュースを一通り読むので海外のデザイ…

「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」を読んだので要点をまとめた

▼いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り(Amazon) 自分用のメモとして、「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」を読んで学んだ点を記事にまとめます。

デザインの引き出しを管理する「Dragdis」の使い方まとめ

毎日パソコンを触っていると、お気に入りの画像やデザインの引き出しとして使えそうなアイデアをたくさん発見すると思うのですが、そういったアイデアを瞬時に簡単に保存できるツールとして「Dragdis」がとても役立つので、今回はそれについて紹介していきま…

【Twitter】ミュート機能を積極的に利用すべき2つの理由

ぼくは普段からTwitter、Facebook、Instagramを利用しているのですが、とりわけTwitterを利用している時は特にストレスが溜まります。Twitterは気軽にリアルタイムで投稿ができるため、フォローしている知り合いの生活を毎日目にすることになります。

Snapchatに全く興味ないのだが、そんな姿勢を改めようと思った話

ふと思ったことがあったので、ブログに考えをまとめようと思います。

【Sketch】Booking.comのUIデザインをトレースして気がついたこと

第二回目のトレースはBooking.comです。Booking.comは、ぼくが旅行をする時には絶対に欠かせないウェブサービスで、安いホテルを探すのにかなり重宝しています。今回トレースをした画像は以下にあるホテル検索欄とホテル一覧ページの2枚です。それぞれ気がつ…

【Sketch】InstagramのUIデザインをトレースして気がついたこと

前の記事でこれからUIデザインを極めると書きました。なのでこれが最初のトレース記事となります。第一回目はInstagramのUIをトレースしてみました。今回は2枚の画像をトレースしたので、それぞれ順に気がついたことをまとめていきます。

UIデザインを極めます

タイトルにある通り、UIデザインを極めます。来年度からデザイナーとして働くのですが、最初は入社してからデザインを勉強し始めても遅くないだろうということで全く手を動かすことはせず、他のことばかりに時間を使っていました。ただ最近、Sketchを触り始…

旅をしても価値観は変わらないという意見について思ったこと

旅をしても何も変わらない。旅をしたぐらいで「価値観が変わった」と言う人は嫌いだ。と、このような言葉をよく聞きますが、ぼくは正直そのように思いません。 今回はこれらの発言をする人達に対して自分なりの考えを書いてみようと思います。

あだ名で呼ばれるようになって嬉しかった話

こんにちは、(@rindarinda5)です。 今日はタイトルにある通り、あだ名で呼ばれるようになって嬉しかった話をします。

何かに興味や関心を持ったら、すぐに行動した方が良い3つの理由

こんにちは、(@rindarinda5)です。 自分の中で、大学生活の大きな転機になったことは以下の3つです。

アイデアをうまく整理できていなくても良いので、とりあえず手を動かす

100%のアイデアを目指すのは悪いことではないけれど、時間は有限なので、例え70%でも手を動かしていくことで100%に近づけることは可能だと考えます。アイデアをうまく整理できていなくても良いので、とりあえず手を動かす。これを肝に命じて日々の生活を送…

【片道1ドル】アメリカを格安バスのmegabus(メガバス)で旅する方法

片道1ドルでチケットが購入でき、アメリカ・ヨーロッパの各都市を旅することができるのでmegabusをまだ知らない人におすすめしたい。

1日1ドルで生活をする「極度な貧困生活」の実態とは

「極度な貧困生活」を送る人々のドキュメンタリー映画を見て、改めて自分の置かれている環境に感謝しなければいけないと思ったと同時に、自分にできることは何かを考える良い機会になった。

ぼくがブログを書きはじめた頃の原点に戻ってみる

最近ブログを書けていない。 書くネタがあまりないという理由もあるけど、それ以上に他の精神的な障壁が大きいと感じている。最近ブログを書けていない理由を考えてみたい。

何か行動している人を”意識高い系”と称して馬鹿にするのはやめるべき

何もしていない人が何か行動していたり、努力している人に対して”意識高い系”と馬鹿にする権利はないし、そういった発言をやめるべき、ということを言いたい。

大学生の僕が海外20ヶ国を一人旅して感じたことを正直に書いてみた

大学生活において、今までに一人旅をした国は20ヶ国。これまでの体験から海外を一人旅してみようと思った理由、そして実際に感じたことを書いてみたいと思います。

ぼくは「どうなっていれば幸せなのか」について考えてみた

夢に向かってアプローチしていく過程が自分にとって楽しい時間で、生きがいを感じる瞬間でもあり、最終的に僕が幸せを感じる時なのだと思う。

【随時更新中】自分の人生で成し遂げたい、やりたい目標を思いつく度にひたすら書いていこう

自分の人生でやりたい目標を書いてみる。目標の数は制限なし。目標を思いつく度に書き加えては、達成すれば削除していく。どんな様子になっていくのかが楽しみだ。

Macのお洒落なタスク管理アプリ「Momentum」が便利でおすすめなので紹介

「Momentum」の一番良い部分は世界の絶景写真を毎日眺められること。お洒落なタスク管理アプリなのでやる気も出る。

インタフェースデザインの心理学で学んだ6個のこと

多くのブログ記事において、デザインを学ぶための必読書として紹介されていた。題名はインタフェースデザインの心理学となっているが、様々なモノに対して応用できそうだし、単純に心理学を学びたいという人にとっても良い本ではないかと思う。

「ハマるしかけ」を読んでデザインと心理学に関して学んだこと

本書はスタートアップのバイブルとして、TwitterやFacebookといった有名なWebサービスをもとにデザインと心理学が学べて、非常に内容のおもしろい本となっている。

オランダで超簡単にヒッチハイクで旅ができる方法を紹介

オランダにはliftershalte(オランダ語ではliftplaats)という国が認めている、公式のヒッチハイクスポットが存在する。 これを利用すると簡単にヒッチハイクが出来てしまう。

「Hitchwiki」で旅を快適に!海外で簡単にヒッチハイクする方法を実体験に基づいて紹介する

海外をヒッチハイクで旅するなら、Hitchwiki(ヒッチウィキ)というWebサービスがとても役に立つのでおすすめしたい。これを利用するだけでヒッチハイクのしやすさは大きく変わる。 今回はHitchwiki(ヒッチウィキ)の使い方を紹介する。