notitie

日々感じたことをメモ書き

【読書メモ】「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由」を読んでみた

デザイン思考の歴史 デザインは原始時代から現代に至るまで、人間のコミュニケーション手段の一つとして発展してきた。(例. アルタミラの壁画) デザインの最も根本的な役割としてグラフィックデザインや思想を表現したり問いかけるアートがあった。 しかし…

【読書メモ】「たのしごとデザイン論」を読んでみた

平易な文章で書かれていて、とてもサクサク読めた。「たのしごとデザイン論」を読んで、個人的に書き留めておきたいことをメモした。

佐藤ねじさんの「超ノート術」がとても勉強になった【読書メモ】

「超ノート術」を読む目的は blog.notitie.me 前回の記事にも書いたが、面白いアイデアを生み出す行為は難しく、短時間ですぐに出せるものではないということを実感したので、アイデアマンとして名を馳せている佐藤ねじさんの書いた「超ノート術」を読んで参…

「アイデアのつくり方」を読んでみた【読書メモ】

読む目的 アイデアを作る方法を知りたかった。これに尽きる。今週5日間、研修でアイデアの発想力を高めるワークをやったのだがこれが結構きつかった。自分の中で試行錯誤しながらアイデア出しを行ったけれど、とにかくアイデアを生み出すという行為は忍耐強…

【読書メモ】「入社1年目の教科書」を読んでみた

本書で紹介されている50の指針から個人的に参考になった内容だけをまとめた。 この本を読む目的 新卒入社して約3週間が過ぎた。初めてのことばかりだから1日1日が濃密で、爆速で時が進んでいる感じがする。そんな中で日々思うのは、「仕事ができるようになり…

【読書メモ】「7日間でマスターする配色基礎講座」を読んでみた

1. この本を読む目的 7日間でマスターする配色基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES) 作者: 内田広由紀 出版社/メーカー: 視覚デザイン研究所 発売日: 2000/04/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 21人 クリック: 381回 この商品を含むブログ (18件) を…

【読書メモ】「反応しない練習」を読んでみた

はじめに だいぶ前に購入して一度読んだが、久しぶりに読み返すとなるほど〜と感じる部分が多かったので改めて読み直し、ブログにまとめてみることにした。最近は通勤の約20分ぐらいでKindle読書をしているのだが、これぐらいの本であれば2日もあれば読めて…

【読書メモ】「デザイン入門教室」を読んでみた

読む目的 デザイン入門教室[特別講義] (Design&IDEA) 作者: 坂本伸二 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2015/07/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る デザインの基礎知識を頭に叩き込むため。読みながら気になった部分だけを取…

【読書メモ】学びとは何かについて考えてみる

今日こんなツイートを目にした。 新しい技術が開発されたり価値観がどんどん変化する現代では、つねに何らかの形で学びを続けなければいけないのは残念だけどもう必然。そこで、「勉強法を勉強する」ことを強く勧めたい。自分にあった勉強法さえ確立しておけ…

【読書メモ】「もの、好き。衣食住をセンスよく楽しむ心得」を読んだ

気になった、これは良いなあと思った部分だけをメモした。 もの、好き。 衣食住をセンスよく楽しむ心得 作者: 裏地桂子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/05/02 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

【読書メモ】デザインの手がかりを読んでみた

本を読んで参考になった部分だけをメモしてみた。ちなみにこの著者は 旅雑誌として有名な「TRANSIT | トランジット」のアートディレクションを手掛けたデザイナー。 デザインの手がかり-発想のヒントがここにある

【おすすめ本】コピーライティングの基礎が分かる「12の伝わるメソッド」まとめ

本書には20の伝わるメソッドが書かれていますが、その中でも自分にとってメモしておきたい12のメソッドだけを厳選してまとめました。

「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」を読んだので要点をまとめた

▼いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り(Amazon) 自分用のメモとして、「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」を読んで学んだ点を記事にまとめます。

インタフェースデザインの心理学で学んだ6個のこと

多くのブログ記事において、デザインを学ぶための必読書として紹介されていた。題名はインタフェースデザインの心理学となっているが、様々なモノに対して応用できそうだし、単純に心理学を学びたいという人にとっても良い本ではないかと思う。

「ハマるしかけ」を読んでデザインと心理学に関して学んだこと

本書はスタートアップのバイブルとして、TwitterやFacebookといった有名なWebサービスをもとにデザインと心理学が学べて、非常に内容のおもしろい本となっている。

【本まとめ】「いちばん面白いデザインの教科書」を読んでみた感想

インターン先の社員におすすめされた本を読んでみた。

「現場のプロが教えるWebデザイン&レイアウトの最新常識」を読んでみた感想

以下の本を読み終えたからまとめを書いてみる。 この本は読みながら作業をする感じではないので、スラスラと読み進めて行くことが出来る。

「ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち」を読んだ感想。

多くのエンジニアがおすすめするこの本。 「プログラミング おすすめ 本」「エンジニア おすすめ 本」と検索すれば多くの人がブログでこの本を取り上げているから、いつか読みたいと気になっていたのだ。

HTMLとCSSを習得したい人はモダンコーディングという本がおすすめ

今回は『モダンコーディング』という本が、HTML5とCSS3を学ぶのに分かりやすく、とても役に立ったので紹介したいと思います。

「なるほどデザイン」を読んでみての感想

▼ なるほどデザイン(Amazon) ▼ なるほどデザイン(Kindle) 通常2000円以上するこの本がKindleで999円と格安のセールをしていたから即購入した。 どうやらこの本はデザインの知識を得るための良書とされているらしく、僕はデザインの本質を理解していなか…