読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

notitie

日々感じたことをメモ書き

何かに興味や関心を持ったら、すぐに行動した方が良い3つの理由

考えたこと

 f:id:rindarinda5:20160626212430j:plain

こんにちは、(@rindarinda5)です。

自分の中で、大学生活の大きな転機になったことは以下の3つです。

 

 

1. 海外ひとり旅

知らない世界を見たい、英語を話せるようになりたい、世界中の色々な人と会話したい、そんな理由から始めた海外ひとり旅。

2. プログラミング

昔から自分の手で何かを作る人に憧れていた。世界を旅すると偶然にも同年代でエンジニアやデザイナーとして活躍するクリエイターに出会って、彼らと会話するうちに自分もやってみたいと思って始めたプログラミング。

3. ブログ

ブログを書くだけでお小遣い程度のお金なら誰でも稼げることを知る。様々なジャンルのブログを読んでいく内に、文章で何かを発信することに興味を持って始めたブログ。

 

小さなことまで含めるとまだまだありますが、これらに共通していることは、何かに興味を持ったらすぐに行動していたということです。

実際に自分が行動をしてみて感じた、すぐに行動した方が良い3つの理由について書いてみます。

 

理由1. 確かな知識が身につく 

これは当然といえば当然の話だと思います。何かに興味・関心があるということは、それらの分野についての知識が浅かったりします。だからこそ、自分の興味がある分野に飛び込むことで、今まで知らなかった情報に触れ、知識が増えます。

 

"確かな"知識と書きましたが、自分の興味があることに取り組んだからと言って全てうまくいくわけではないと思います。自分の想像していたものとは違っていたり、熱中できるものばかりではありません。

でもこれは逆に言えば、自分の想像していたものより遥かに面白いものであったり、熱中できるものに出会えた時はチャンスとも言えます。

 

このことについては、ブログをやり始めてすごく感じました。ブログを書き始める前は、自分の考えを文章にして公開することに抵抗があったので、なかなかブログを始められませんでした。でも、そういったことを考えるのをやめて、いざブログを始めてみるとブログの楽しさにハマってしまったのです。

 

まずブログを書くという行為は、自分の頭にある考えを整理できないと文章にすることができません。ぼくは時々、ブログで自分の考えを書きますが、頭の中にある考えが整理されて文章になっていく瞬間にとてもハマりました。

 

ブログの世界にハマってしまうと、次はアクセス数を増やすことに興味が出てきます。やっぱり記事を書いてネットに公開している以上、多くの人に読んでもらいたいし、そのアクセス数を収益に繋げたいと考えるようになってしまいます。アクセス数を増やすには、SEOについての知識も必要となりますし、Googleはどのように記事の評価を決定しているのか、Googleが考える良いコンテンツとは何なのかということについても知っておいたほうが良いので、それらの知識を身につけます。

 

このように一つのことにハマると、次から次へと知らなければいけない知識を身につけることになり、最終的には"確かな"知識へとなっていきます。

 

 

理由2. 自分の人生において選択肢が増える

自分の興味・関心があることに素直になって、その分野に飛び込むと何かしら良いことがあります。

 

これは自身のプログラミングを習い始めた体験で強く思いました。

プログラミングと聞くと文系の自分にはできないと決めつけて、遥か遠い存在のものとして捉えていました。でも、いざ習い始めてみると自分にも案外できるという感覚を得て、少し自信が付いたりします。そして何よりプログラミングを習い始めると、今は無理でも近い将来にエンジニアとして働けるのではないかと考え始めたりします。ぼくは、もしなれるのなら将来はエンジニアやデザイナーで働きたいな〜と考えていたのですが、それが実際に"プログラミングを学ぶ "ことに行動を移してみると、意外と夢ではなくて現実的に実現できるんじゃないかと考え始めたのです。

そして、実際に来年度から自分のなりたい職業であったデザイナーとして働くこととなりました。詳しいことはこちらの記事に書いています。

 

このように興味のある分野に飛び込むことで、自分が考えてもいなかった可能性に出くわし、人生の選択肢が増えることに繋がります

 

 

理由3. 後悔をすることがない、もしくは後悔をしても最小限に収まる

最後はやっぱりこれだと思います。

興味・関心があるにも関わらず、何かしらの抵抗を感じたり、いま属しているグループから一歩外へ出る勇気がなかったりで、結局は憧れだけで終わってしまうパターンとかよくあります。ぼくも何回かそういった経験をしました。それで後悔をすることもありました。あの時にやっておけばよかったと思い返した時には、すでに遅いということもあります。

その教訓から、興味・関心のあることには少し勇気を出してチャレンジしてみようと考えるようになりました。そうすると、どんなことも前のめりで楽しめるようになって、まず後悔することなんかありません。中には残念な体験もあるけど、それもその分野に飛び込んでこそ分かったことなので、たとえ後悔してもその後悔は最小限に収まります。

やらないで後悔するより、やって後悔した方が良いとよく聞く言葉ですが、本当にその通りだと思います。

 

何かに興味や関心を持ったら、すぐに行動する。これを常に頭に入れながらこれからも色々なことにチャレンジする人生にしたいな〜と思います。