読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

notitie

日々感じたことをメモ書き

神戸に外国人旅行者が来ているのを見かけると嬉しくなる、というお話

f:id:rindarinda5:20161123203626j:plain

先日、以下のようなツイートをした。

 

偽りなしに心から、本当に神戸に外国人観光客が来ている光景を見かけると嬉しくなってしまう。なんか上から目線のようになってしまうけれど、「日本、そして神戸の良いところをたくさん見つけて、最高の思い出になったと言えるような旅行になれば良いなあ」と思うのである。

 

このように考えるようになったのはなぜか。と、自分に問うてみた。たぶん以下の2点がこのような考えにさせるのだろうと思ったので文章にして書き残してみる。

 

1.神戸が大好きだから

まずはこれ。生まれて20年は経ったが、その間ずっと神戸で生活をしてきた。神戸の中でも都会とも言える三宮の近くに住んでいる。小中高の頃から遊ぶとなれば三宮元町、そして神戸のシンボルであるハーバーランドによく訪れていたが、その時は今のように神戸は最高の街だなあと改めて感じるようなこともなかった。

それが、最近では「神戸はほんまに最高」「神戸に住んでて良かったし、これからもずっと住み続けたい」と思うようになった。理由をうまく言葉で表現するのは難しいのだが、まあ神戸が大好きだからである。

神戸の元町付近には栄町というエリアがあるのだが、特にこのエリアを散歩している時に「神戸最高!」と感じてしまう。昔からあるビル・建物を改装した個性的なショップが並ぶ道を歩くのはとても楽しい。夜になってから、ハーバーランドを歩くのも最高に楽しい。あの夜景は何度も見たが飽きることはないし、毎度「神戸に住んでいて良かった」と思わせてくれる。

大阪、東京に行った後に神戸に戻ってきたときなんて本当に神戸以外は住めないなと思うほど、神戸は住みやすい。人の数が程よく、美味しいグルメがたくさん、お洒落な人が多く街歩きが楽しい、気分転換に電車で京都・大阪へと簡単に訪れることもできる。神戸の好きなところを挙げるときりがない。

神戸が大好きだからこそ、神戸に外国人観光客が来ているのを見ると嬉しくなるし、神戸の良いところにたくさん触れて最高の旅行にしてほしいなあ、と思うわけである。

 

2.自分自身が旅を体験したから

神戸が大好き、という理由のほかに自分自身が旅を体験したから、というのも2つ目の理由として挙げられる。知らない国、土地に一人で行くと自然と現地の人と触れ合う機会も多くなってくる。道が分からなければ近くにいる人に聞くと優しく教えてくれたり、おすすめの観光スポットを教えてくれたりする。一人旅をしているとなおさら他人の優しさを繊細に感じ取れるようになるというか、寂しさゆえに普段以上に心に染みたりする出来事が多い。そういった優しさを感じる度に、次は自分が日本に帰った時に、日本へやって来る旅行者に少しでも楽しんでもらえるような行動をしたいと思うのだ。

これまでに他の記事でも旅の醍醐味は人とのふれあいと書いてきたが、自分自身も現地の人とのふれあいを通して、その街のことが大好きになり、他の人におすすめしたくなるほどの良い思い出となったりした。

なので神戸(神戸に限らず日本)に来る旅行者を見ると、景観などもそうだけど、それだけでなく現地の人とのふれあいの中で何か良い思い出となるような出来事があれば嬉しいなあと考える。

 

まとめ

といった感じで、以上の2点が主な理由なのかもしれない。なんか文章を書いてて「もっと神戸に旅行者来い来ーい」と思ってしまった。これからも神戸に外国人旅行者が来ているのを見ると嬉しくなることには間違いない。

コチラの記事も合わせてどうぞ。

blog.notitie.me

blog.notitie.me