読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

notitie

日々感じたことをメモ書き

【旅行記】ポルトガル一人旅を写真30枚と動画で振り返ってみた

旅-ポルトガル

f:id:rindarinda5:20160617153007j:plain

こんにちは、(@rindarinda5)です。

ポルトガルに訪れたのは2015年の8月。最初に予定していた計画では、夏休みの40日間でオランダ国内の色々な都市を旅しようと決めていました。でも、2週間ほど過ぎた時から、オランダでの旅自体は楽しかったのですが、どの街を訪れても景観が大きく変わるわけでもなく、刺激も感じられなくなってきたので、急遽思い立ってポルトガル行きの航空券を買うことにしました。

約3週間のポルトガル旅では、以下の4都市に訪れました。

  1. リスボン
  2. ポルト
  3. コインブラ
  4. ペニシェ

この記事では、ポルトガル一人旅の思い出を30枚の写真とiPhone6のみで制作した自作の旅動画で振り返っていきます。(コインブラの写真はわずか、ペニシェに関しては写真を撮っていなかったので、リスボンとポルトの写真がメインです。)今思えばもっとたくさん写真を撮って、ブログも早く始めていたら良かったなあと思います。

 

3週間のポルトガル一人旅をiPhone6のみで制作した動画にまとめた

まず最初にポルトガル一人旅の様子を動画にまとめたので紹介したいと思います。旅の思い出は写真だけではなく動画も作っておくと、後々振り返る時に思い出が鮮明に浮かび上がってきて良いなあと改めて思います。iPhone6のみで撮影した一つ一つのシーンを組み合わせただけの簡単な動画になっています。ポルトガルの良さをまとめてみたので、よければ見てみてください。

 

01.ポルトガルの首都リスボンにやってきた

f:id:rindarinda5:20160810165208j:plain

オランダのアムステルダムからパリを経由して、ポルトガルの首都リスボンにやって来ました。到着したのは深夜の1時だったので、その日は朝が来るまで空港泊しました。外が明るくなるのを待ってから、市内へと移動します。

 

ポルトガルのリスボン

ポルトガルのリスボン

リスボンは坂道がとても多くて少し歩くだけでも疲れます。ただ町並みがかなり整備されたオランダとは違って、ポルトガルは少し建物が古い感じのものが多く、新鮮さを感じながら街歩きをしていました。とても楽しかったですね。

 

ポルトガルの魚料理これはポルトガルに来て初めての夕食です。ポルトガルは海に面しているので海産物が豊富みたいで、オランダでは魚を食べる機会があまりなかったのでメニューを見た瞬間すぐに魚料理を注文しました。久しぶりの魚はとても美味しかったのですが、じゃがいもが多すぎて食べるのがしんどかったです。

 

ポルトガルのリスボン

ポルトガルのリスボン

建物が古く寂れている感じがとても良く、お洒落に見えます。路地も多く、まるで迷路のようでした。

 

ポルトガルのリスボンにあるコメルシオ広場

ポルトガルのリスボンにあるコメルシオ広場

ポルトガルのリスボンにあるコメルシオ広場

ポルトガルのリスボンにあるコメルシオ広場

多くの人が集まる、コメルシオ広場。すぐそばに海があって、浜風が気持ち良いです。海岸沿いにはカップルでイチャイチャしている人もいれば、静かに読書を楽しんでいる人もいて、その様子を眺めるのが楽しかったです。

  

ポルトガルのリスボン

ポルトガルのリスボン

リスボンではたくさんの路面電車を見かけます。ぼくはできるだけ自分の足で街歩きをしたいのと、交通費にお金をかけたくなかったので、路面電車には一度も乗らなかったのですが今思うと1回ぐらいは乗ればよかったと少し後悔しています。交通機関を使わずに徒歩だけで街歩きをすると、気になる場所があればすぐに行けるという点が良いんですけどね。

リスボンでは二人の日本人女性とお会いしたのですが、どちらも会社員を辞めて世界一周をしていました。ぼくも今まで多少なり色々な国を訪れましたが、会社で数年働いたあと仕事を辞め、世界一周をやってみたいと考えています。世界一周じゃなくとも、1年ぐらい海外を旅しながらリモートで自分の好きなように働く、というのはやりたいです。まだまだ訪れたい国が多すぎるのでそのために早くお金を貯めようと思います。

 

02.今まで旅してきた中で最も楽しい思い出ができた場所、ポルト

ポルトでは本当に素晴らしい出会いがあって、楽しすぎる日々を過ごしました。旅の醍醐味は人との出会いだなあと改めて感じた時でもありました。

 

f:id:rindarinda5:20160617152542j:plain

彼はリスボン発ポルト行きのバスが同じで、泊まる宿も同じというなんとも偶然な出会いだったのですぐに仲良くなりました。彼は中国人で僕より4歳年上で、中国の大学を卒業したあとにエストニアの首都タリンにある大学院に行き、そして今はポルトの大学院で主にデザインを学んでいます。いつもテンションが高くて、彼と一緒に遊ぶのは本当に楽しかったです。 

 

f:id:rindarinda5:20160617151202j:plain

中国人以外の他に、手前に写っている日本人、そして残念ながら写真はないのですが韓国人の女の子とも出会いました。ポルトで過ごした毎日は、ずっとこの4人で行動していました。やっぱり同じアジア人でいるのは何だか心地良いものがありました。

手前に写っている日本人の彼は、仕事を辞めて世界各国を旅している最中でした。旅が終わった後は実家の農家を引き継ぐと言っていました。同じ日本人というのもあり、やっぱり母国語同士で話せるというのはすごく楽でした。

写真には写っていない、僕より1歳年下の韓国人の女の子は将来女優になりたいと言っていて、そのための芸術学校みたいなものに通っていました。そんな彼女は大学を1年休学し、女優になるために多くの人と出会い、会話し、色々な絶景を見ながら旅することで感性を磨きたいと言っていました。彼女と過ごす最終日には手紙をもらい、嬉しさの反面、すごく寂しい気持ちになったことを覚えています。それほど充実した毎日をポルトで過ごしたということなのだと思います。

 

f:id:rindarinda5:20160617152315j:plain

f:id:rindarinda5:20160617152334j:plain

ポルトで過ごす最終日は、日中韓の料理パーティーみたいなものを開催しました。ぼくら日本人は簡単に作れるお好み焼き、韓国人はサムギョプサル、中国人が作った料理名は分かりません(笑)ですがどれも美味しくて久しぶりにアジアの料理を食べるのは最高でした。

 

ポルトガルのポルト

ポルトガルのポルト

ポルトの絶景写真を貼るのを忘れていました。丘からオレンジ色の景色をみることは、僕にとって一つの憧れだったのでこの景色を見た時はとてもテンションがあがりました。綺麗すぎます。 

 

ポルトガルのポルト

ポルトガルのポルト

ポルトガルのポルト

いつもの4人でポルト市内を散策しました。夕日がとても綺麗。

 

03.学生の街コインブラとサーファーの街ペニシェに訪れた

1.コインブラ編

コインブラではカウチサーフィン(無料でホームステイができるもの)を利用して3日ほど過ごしました。コインブラに到着した日に、いきなりホストの知り合いが亡くなったということもあり、なぜか分からないけど僕も葬式に参列することになりました。ただただ気まずい思い出しかありません。

 

コインブラ大学

Coimbra university view | Flickr - Photo Sharing!

コインブラ大学

Coimbra university students | Flickr - Photo Sharing!

これはコインブラ大学の写真。実はコインブラ大学は大学自体が世界遺産という歴史ある大学なので、訪れたいと思っていました。写真は撮っていないので他サイトから借りましたが、校舎内には黒マントをつけた学生がたくさんいて、まるでハリーポッターの世界にいるかのような気分になりました。 

 

f:id:rindarinda5:20160617164554j:plain

ホストの息子とはよく遊びました。母親が中国系のポルトガル人ということもあり、顔が若干アジアっぽいのもそのためです。英語は全く通じなかったけど、ポケモンとか一緒に見たり、買い物をするうちに段々と仲良くなっていきました。とてもかわいい子です。

 

2.ペニシェ編

f:id:rindarinda5:20160617165752j:plain

Peniche 2011 | Flickr - Photo Sharing!

f:id:rindarinda5:20160617165814j:plain

P8042609crw | Flickr - Photo Sharing!

ペニシェ市内は歩いているだけでサーフボードを持って歩く人達をたくさん見かけます。街は2,3時間もあれば周れるぐらいすごく小さいです。ゆっくりと時間が流れていくような感じがする、そんな街でした。

  

f:id:rindarinda5:20160617172809j:plain自炊で男パスタを作ってみました。超大盛りになってしまったけど味は抜群。

 

ポルトガル名物料理を紹介します

ここからは僕がポルトガルで食べた名物料理をしていきます。本当にどれも美味しかったので、ポルトガル旅行をされる方は是非食べてみてください。

1. フランセジーニャ

f:id:rindarinda5:20160617154909j:plain

こちらはフランセジーニャ。食パンみたいなパンの間に牛肉をサンドイッチして、まわりに濃厚なチーズ、そして上に半熟の卵を乗せた料理です。写真からも分かるように言うまでもなく、めちゃめちゃ美味しかったです。日本では食べたことのない組み合わせで、周りにあるソースがまた美味しい。1個でも相当ボリュームあるので満腹になり、ビールとの組み合わせは最高でした。

▶ ポルトガルの郷土料理「フランセジーニャ」を食べに「クリスチアノ」へ - macaroni

 2. カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテージャーナ

f:id:rindarinda5:20160617154818j:plain

 こちらはカルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテージャーナ。「豚肉とあさり」を組み合わせた料理です。パクチーが上にかかっていたのですが、苦手なので取り除きながら食べました。周りにあるポテトは1人では多すぎて残してしまったけれど、料理の味自体は美味しかったので満足でした。

 3. アロス・デ・マリスコス

f:id:rindarinda5:20160617154826j:plain

こちらはアロス・デ・マリスコス。カニやエビや魚といった魚介類と米を一緒に炊いた料理。ぼくは大の魚介類好きなので、このスープは美味しすぎました。魚介類のだしと米がとてもよく合い、味はとてもあっさりしています。魚介類好きで、ポルトガルに行く人はぜひ食べてみてください。

 

ポルトガル料理は何があるのかよく分からない人はこちらのサイトを利用してみてください。

▶ ポルトガル料理食べまくり - Ola! Portugal -

たくさん料理があるので、ポルトガルに訪れた時に役立つと思います。

 

 

おすすめ記事 

  1. オランダ好きの僕が厳選した、アムステルダム観光で訪れたい5つの場所【定番から穴場まで】 - notitie
  2. 【オランダ旅行記】アムステルダムの魅力を写真40枚で振り返ってみた
  3.  旅好きの僕が厳選した、海外旅行で役立つ「12個のおすすめアプリ」を全て紹介します
  4. 【片道1ドル】アメリカを格安バスのmegabus(メガバス)で旅する方法