読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

notitie

日々感じたことをメモ書き

【Twitter】ミュート機能を積極的に利用すべき2つの理由

f:id:rindarinda5:20160804152303j:plain

ぼくは普段からTwitter、Facebook、Instagramを利用しているのですが、とりわけTwitterを利用している時は特にストレスが溜まります。Twitterは気軽にリアルタイムで投稿ができるため、フォローしている知り合いの生活を毎日目にすることになります。

今までは知り合いの生活を、Twitterを通じて目にすることが当たり前だと思っていたのですが、それと同時に心の何処かで精神的に疲れが溜まっている自分がいることに気が付きました。なので、約1ヶ月前ぐらいから知り合いのほとんどのアカウントを思い切ってミュートすることにしました。1ヶ月経った今、ミュート機能を利用してみて良かったと思う点を書いてみます。

 

01. 外部のノイズが激減し、ストレスがなくなった

Twitterのミュート機能を利用する一番の目的はここにありました。必要のない情報を遮断したかったのです。先程にも書いたとおり、Twitterを始めた時から自分のフィードに他人の生活に関するツイートが流れてくる状況は普通だと思っていたのですが、毎日そのようなツイートを目にしていると、どうしても自分と他人の生活を比較してしまい、その都度に精神的に疲れが溜まっていきました。

でもよく考えると、他人の生活なんて全く興味ないのに毎日それに関するツイートを目にする状況はおかしいことに気が付き、ほとんどのアカウントをミュートすることにしました。その結果、自分の興味が無い外部のノイズが激減し、他人との生活を比較することで生まれるストレスもほとんどなくなったのです。

  

02. 自分の興味がある情報、有益な情報が自然に集まるようになってきた

ぼくはTwitterを情報収集のために利用しています。自分にとって有益な情報を発信しているアカウントや、自分とは違った考えを発信するアカウントをメインにフォローしています。なので他人の生活に関するツイートが増えれば増えるほど、自分が本当に興味のある情報を見逃してしまう可能性も高くなります。そういった意味から、自分には興味のないアカウントをミュートすることで、本当に欲しい情報が自然に集まるようになってきたのです。

 

03. さいごに

ミュート機能を積極的に利用してから気がついたことは、今まで自分にとって必要のない情報が多すぎたということです。人それぞれTwitterの利用方法が異なりますが、ぼくの場合はTwitterを情報収集のためのツールとして利用しているので、他人の生活に関する情報を遮断することにしました。本当は知り合いをミュートしたいけれど、もしミュートしていることをバレたらどうしようと迷っている人がいれば、思い切ってミュートすることをおすすめしたいです。それは自分にとって興味のない情報だと言えますし、そんなツイートを毎日目にすることで精神的に疲れを感じているのであれば、なおさらミュートすべきだと考えます。

日頃からTwitterを利用しているのであれば、自分の興味のある人・有益な情報を発信する人を厳選し、自分好みにカスタマイズしましょう。そのためのミュート機能をうまく活用することが、快適なTwitter生活にも繋がります。